枚方 引越し業者

枚方市で安くて良い引越し業者を探す方法

枚方市 引越し 見積もり

枚方市 引越し 価格

枚方市 引越し 料金

枚方市 引越し 相場

枚方市 引越し 最安値

 

枚方市の引越しで検索すると、25件ほど引越し業者がヒットします。
このすべてに見積もりを依頼したいところですが、実際はなかなかできませんね。

 

沢山の引越し業者の中から1番評判のいい業者はどこか、安い業者はどこか、サービスがいい業者はどこかなどいろいろ気になって調べても見つけることは出来ないと思います。
それは100%の人が満足と答える引越し業者は存在しないからです。
それなら引越し業者はどこもたいして変わらないのだろうと思われるかもしれませんが、違いはあります。

 

引越しの費用やダンボールサービス、オプションなどは引越し業者によって随分違います。

 

引越し費用=スタッフへの人件費+ガソリン代や高速代などの交通費+ゴミの処理などのオプション

 

引越し費用は持っている荷物の量と新居までの距離に比例します。
荷物が多いほど引越し業者のスタッフが沢山必要ですし、大きなトラックも用意しなければなりません。
新居までの距離が遠いほど、トラックを運転するスタッフの人数も必要となり、ガソリン代も多くかかります。

 

引越し料金を安くしたいなら、当日までに荷物を減らしておきましょう。

 

引越し費用は荷物の量に比例しますので、できるだけ荷物の整理をして、いらないものは引越し当日までに処分しておくのがオススメです。

 

とりあえず箱に詰めて、新居でゆっくり仕分けするという方法は、余分に費用がかかることになるのです。

 

そして必ず見積もりは複数の引越し業者から取ってくださいね。
先ほど言いましたように、引越し費用は業者によって随分違います。
比較しないで1社だけに見積もりを依頼して決めてしまうのはもったいないです。

 

1社より2社、2社より4社と数が多いほうが、お得になるチャンスが広がるということになります。

 

しかも今は簡単に引越し業者から一括見積もりが出来ます。便利なうえに利用料は無料です。
できるだけお得に引越ししたいなら、複数の業者から見積もりを取って費用やサービスなどをしっかり比較しましょう。

 

枚方市 引越し

 

 

引越しはシーズンによって値段が違います。

枚方市 引越し 繁忙期

 

引越し料金は時期によって値段が大きく変わります。
3〜4月は1年で最も引越し件数が多い繁忙期なので、引越し業者はスタッフを増やして対応したりするために費用が高めになります。

 

この時期に引越しされる方は、新居が決まっているなら早めに引越し業者一括見積もりを行って業者を決めてしまったほうが良いです。
安くてサービスの良い引越し業者はどんどん予約が埋まりますので、最悪の場合は希望日に引越し業者が見つからないなんてことになります。

 

繁忙期を避けられるなら他の月に引越ししたほうが費用の面ではかなり有利です。
通常期でも、土日祝日の午前中は引越し希望者が多いため費用は他に比べてやや高めなります。

 

このように引越しの料金は時期と日程、時間によって異なります。
自分の引越しがいくらかかるのか知りたいなら、早めに見積もりを取って相場を知っておくといいですね。

 

 

引っ越しにかかる初期費用

 

枚方市引っ越し初期費用

 

引っ越しにはいろいろなお金がかかりますが、中でも物件の契約料と引っ越し費用が高額です。
初期にかかる費用にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用は、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用他

 

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で入居前に管理会社に預けるという形です。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習です。しかし最近は礼金ゼロの物件も増えています。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。法的には〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば、加入しなければなりません。
火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも火元の住民に賠償を求めることはできません。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために必ず加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
家賃滞納のリスクに備えて契約書に連帯保証人を記載するのが昔は一般的でした。連帯保証人を2名記入ということもありました。
しかし最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが多くなりました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
マスターキーは返却してもらいますが、スペアキーが残っているかもしれないのはちょっと怖いですね。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

このような初期費用がかかります。
他にもカーテンや照明を用意しなければなりませんし、古い家具家電を購入する絶好のタイミングでもあります。

 

 

訪問見積もりのすすめ

 

枚方市引越し訪問見積もり

 

以前は引越しの見積もりといえば実際に営業の人が来て「訪問見積もり」をするのが主流でした。

 

やはり百聞は一見にしかずと言いますから、見積もりの際に実際の物件や荷物を見ながらの見積もりは金額の見積もりが正確です。
例えば廊下が狭くて運び出せない荷物があるとか、エレベーターが小さい、前の道が狭くてトラックが入れないなど物件によっては引越しが困難になるかもしれないところもあります。
そしてそういう所は引越しに時間がかかるので、引越し金額にも関係します。

 

今は一括見積もりが主流になりましたが、今でも立ち合い見積もりをされる方もいます。
わざわざ家まで来てもらうのは申し訳ないと思われるかもしれませんが、引越し業者の営業さんの大事な仕事なのでお気になさらず。
しかし押しに負けて契約させられてしまうという心配もありまよね。

 

・強い営業の方に負けて契約してしまったけど、他社のところのほうが感じが良くて安そう。
・ダンボールを沢山置いていかれたので、契約するしかなさそう。

 

こういう心配があるかもしれません。

 

しかしご安心を!
引越し業者の契約にもクーリングオフがありまし、キャンセルも契約日の2日前までなら出来るはずです。
ダンボールも使わなければ返却することが出来ますから、気負う必要はありません。
もしダンボールを使ってしまったけど契約を破棄したい場合はダンボールのみ買い取ることもできます。

 

やはり最後は人が決め手になりますから、この人にお願いしたいなという営業さんを選んでくださいね。

 

 

引越し業者のオプション内容とは?

 

枚方市 引越し オプション内容

 

引越し費用は交通費と人件費とオプション費用の合計金額です。
オプションというのは、全員には必要ないけどあると便利なサービスのことです。
どの様な内容のものなのでしょうか?

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

まず一番依頼が多いのがエアコンの移設です。
エアコンの移設は電源を抜くだけの簡単な作業ではないので素人ではできませんし、自分で電気業者に連絡する手間と費用がかかります。
しかし引越し業者に依頼しておけば同じくらいの費用で、専門の業者を手配してくれるので便利なのです。

 

ハウスクリーニングは自分でもできそうですが、引越しの際には新居と旧居の両方を大掃除する必要があります。
体力的・時間的に厳しいときは、オプションでどちらかの家、もしくは両方の掃除を依頼することが出来ます。
さらに虫が苦手な人は、家具を運び入れる前に害虫駆除をしてもらうと安心ですね。

 

車を運ぶのは自分でできそうですが、遠距離の場合はスケジュール上無理なこともあり得ます。
体力に自信がない、運転が苦手なかたにも車の陸送がオススメです。

 

このようにあると便利なサービスがオプションとなるのです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 枚方市 手順

 

引越しの時はすることが多いので、おおまかな手順を引越しの前に必ず確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しですから引越し業者を決めたいところですが、新居の情報がないと正確な金額を見積もることができないのです。
引越し業者への見積もりは、新居が決まってからすぐがオススメです。
ギリギリになるほど条件の良い引越し業者は予約が埋まってしまうので、のんびりしすぎもいけません。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わりますから、不用品はどんどん処分して荷物を減らしましょう。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。
いらないものを運ぶのにお金を払うのは勿体ないですね。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出しましょう。転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
うっかり出し忘れるともう一度提出しに戻るか、役所に連絡して郵送してもらって送り返すなどの手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

引越し2週間くらい前に電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらいましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡で確認してください。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらうことができます。

 

さて引越ししたら郵便物が届かなくなるのは不便です。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどで行ってくださいね。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具・家電の配置を指示してください。
紙に書いて渡しておくと作業がスムーズで便利です。
しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらはもし破損して保険を使っても、お金で解決できるものではありませんので、自分で管理して大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになります。